アレルギー対策になるコウモリ駆除と鳩駆除

小さい子供がいるなら要注意~駆除の遅れが招く健康被害~

コウモリ駆除や鳩駆除が必要な理由

コウモリや鳩は時として人間の生活に悪影響を及ぼします。ここで具体的な被害について紹介するので、確認しましょう。

コウモリや鳩が原因で起こる被害

糞による悪臭と汚れ
コウモリと鳩による被害の中で最も多いのが糞害です。鳩やコウモリは時や場所を選ばず糞をしますし、飛行中にも糞をすることがあるので、住宅の屋根や壁が知らず知らずのうちに汚れる可能性があります。また、コウモリは夜行性なので就寝中に糞害に遭ってしまいますし、鳩の生活リズムはほぼ一定で、同じ場所に繰り返し糞をする習性があります。この習性によって住宅に糞が溜まると、汚れることはもちろん、慢性的な悪臭の原因にもなってしまいます。
近づくと襲われる
コウモリは非常に警戒心の強い動物です。むやみに近づかなければ咬まれる心配はありませんが、幼い子供だと好奇心からコウモリに触れる場合があります。コウモリの歯は鋭く尖っているため、少し咬まれるだけでも大きなケガに繋がる恐れもありますし、コウモリの体内にいる菌によって感染症を発症するリスクも高くなります。このような理由から、コウモリが住宅周辺にいる場合は迅速にコウモリ駆除を依頼して、家族の身の安全を確保するようにしましょう。
騒音被害が発生
鳩が自宅周辺にいると、騒音被害に悩まされることになります。鳩は早朝から鳴くので、巣を作ったり、卵を生んだりするとその鳴き声はさらに大きくなります。また、コウモリも同じく騒音被害をもたらします。あまり聞いたことがないはずですが、コウモリは甲高い声で鳴く上に夜行性であるため、十分な睡眠が取れなくなる可能性があります。さらに、鳩とコウモリが羽ばたく際の羽音による騒音被害も考えられるので、鳩駆除やコウモリ駆除は早めに依頼しましょう。

コウモリや鳩が原因でアレルギー疾患

子供

コウモリ駆除や鳩駆除が遅れるとアレルギー疾患を発症する恐れがあります。ここで、アレルギーの原因について紹介します。

アレルギー疾患を引き起こす原因


コウモリによってアレルギー疾患を引き起こしてしまいますか?
コウモリの体には雑菌やばい菌はもちろんこと、ノミやダニといった寄生虫も付着しています。特にノミやダニはウイルスを多く媒介するため、むやみに近づくと生死にかかわる病気を発症する恐れもありますし、ノミやダニの死骸によってアレルギー症状を引き起こします。中でもコウモリの恐ろしさを知らない子供がむやみに近づき、いつの間にかアレルギー疾患になっていたということもあるので、小さいお子さんをお持ちの方はすぐにコウモリ駆除をした方が良いですよ。
鳩によってアレルギー疾患を引き起こしてしまいますか?
コウモリと同様に、鳩によってもアレルギー症状が起こる場合があります。実は、鳩の糞には悪臭や汚染だけではなく、アレルギー物質を媒介するという弊害もあります。そのため、鳩駆除が遅れて住宅周辺に糞が溜まると、乾燥して粉状になった糞が人間の体内に入り込み、喘息やアレルギーを引き起こす要因となるのです。特に免疫力の弱い子供は鳩の糞によるアレルギー被害が起こりやすくなるため、コウモリ駆除同様に鳩駆除を迅速に行なった方が良いでしょうね。

TOPボタン