コウモリ駆除と鳩駆除でアレルギー疾患の発症リスクを抑える

小さい子供がいるなら要注意~駆除の遅れが招く健康被害~

コウモリや鳩によって起こるアレルギー疾患

コウモリ駆除と鳩駆除を迅速に行なわないと、アレルギー疾患を発症するリスクが高くなります。次のような症状に注意しましょう。

コウモリと鳩によるアレルギー疾患の種類

気管支喘息
コウモリや鳩の体に付着しているダニやノミは、アレルギー疾患を引き起こす大きな要因です。直接住宅周辺にいる鳩やコウモリに触れなくても、ダニやノミの死骸を誤って吸い込んでしまい、気管支喘息の引き金になってしまいます。この気管支喘息を子供が発症すると、咳や呼吸困難といった症状を引き起こし、最悪の場合は十分な呼吸が出来ずに死亡する恐れもあります。安全のためにも鳩駆除、コウモリ駆除を依頼して発症リスクを最小限に抑えましょう。
アトピー性皮膚炎
コウモリや鳩に寄生しているダニやノミによって気管支喘息が発症すると、アレルギー性皮膚炎を併発する可能性があります。アトピー性皮膚炎は慢性的なかゆみと共に皮膚が炎症を起こす病気で、症状が悪化するケースがほとんどです。鳩駆除やコウモリ駆除が遅れて、小さい子供にとって良くない環境が続くことはなるべく避けるべきです。住宅周辺に異変を感じたら迅速な行動を心掛けましょう。
過敏性肺炎
コウモリ駆除、鳩駆除の遅れによる健康被害の中でも特に注意するべきアレルギー疾患が過敏性肺炎です。アレルギー物質を吸い込むことで発症する病気ですが、鳩やコウモリの糞に含まれるタンパク質も、この病気を引き起こす大きな要因となります。小さい子供が過敏性肺炎になると、咳やチアノーゼを繰り返すようになり、最終的には慢性的に呼吸困難になる恐れもあるため、鳩駆除とコウモリ駆除をすぐに行ない、子供にとって良い環境を整えてあげましょう。
TOPボタン